2018/2/1
CHALIFEプロジェクト2018
静岡オンラインさんとCHALIFE会議2

CHALIFE会議

今日は静岡オンラインの海野社長に、先日ご紹介した
ちゃらいふ緑茶を試飲していただきました。

試飲としてご用意したお茶は
・匠の緑茶(深蒸し)
・グルメ緑茶(深蒸し+フレッシュローズマリー)
・カジュアル緑茶(深蒸し+レモングラス
+オレンジピール+ホワイトマルベリー)
の3種類です。

緑茶の味わいはとても繊細なので、
味を比べたり食事に合わせてブレンドすることで、
“味覚磨き”に最適なツールである
という考えをお伝えしました。

「こうして飲んでみると、明らかに従来のお茶と違いますね!」と
おっしゃってくれました。

これから、ちゃらいふ緑茶を
どのように多くの方に飲んでいただけるか
引き続き情報交換をしていきます。


2018/1/26
CHALIFEプロジェクト2018
静岡県産業振興財団さんとの連携会議

伴支連,CHALIFE,望月聖司

伴支連との連携について打ち合わせをしてきました。

まず第一弾として「味覚を磨く」をテーマに
CHALIFEを活用した連携の話です。

お茶は微妙な味で、
今の生活ではインパクトないもののように
思われるかもしれませんが、
微妙な味わいだからこそ味覚が鍛えられます。

味覚を鍛えることで、
食品メーカーさんは品質管理や商品開発に役立ちます。
一般の方は、素材の味を楽しめるから
塩や砂糖が少なくてもおいしく食べられたり、
食材や調味料に興味を持つから好き嫌いが減ったり、
調理方法などを意識して食べることで
イメージ力が高まり、
料理を再現できるからおもてなしの幅が広がるなど、
食生活をより豊かに健康にすることにつながります。

今後、フーズサイエンスと連携し、セミナーなどから
始めていきましょうということになりました。


2018/1/26
CHALIFEプロジェクト2018
静岡オンラインさんとCHALIFE会議

chalife,望月聖司

womoなどのフリーマガジンや
ポータルサイトを運営する静岡オンラインさんと、
CHALIFEの「ちゃらいふ緑茶」で
何か新しい活動ができないかと会議。

今、飲食店で課題なのが、
食事に合うソフトドリンクが少ないこと。

お酒を飲めない人は
ウーロン茶か水ぐらいしか飲むものがなく、
食事をおいしくバックアップするとは言えない。

そこで、その店の料理をおいしくする
ブレンド緑茶提案などができることや、
ちゃらいふ緑茶は味覚を磨く提案に役立つこと
などをお話させていただいたところ
興味を持ってくださり、
今後どのような展開ができるかを
また情報交換しましょうということになりました。


2017/12/14
CHALIFEプロジェクト2017
静岡県産業振興財団 副理事長へご報告

静岡県産業振興財団
副理事長の望月さんにお会いして、
伴支連を立ち上げたこと、
ネット環境の中で消費者と企業や地域をつなぐ
支援を展開していくことなどをご報告。

その中で、静岡県のお茶の
あるべき姿について聞いていただき、
今後どんな風に展開していくか
模索していきましょうなどと
お話をさせていただきました。

静岡新聞の記者 山本さんも同席し
熱心に話を聞いてくださいました。


2017/12/11
CHALIFEプロジェクト2017
ちゃらいふマイスター会議で今後の打ち合わせ

小泉氏、石司氏、杵塚氏のちゃらいふマイスターたちが
松田商店さんへ集合し、ちゃらいふマイスター会議。

11月にオープンした
プラットフォームサイトとしての「伴支連」、「FOTOCO」、
専門店サイトとしての「CHALIFE」、「SurpriseFOOD
などのしくみを情報共有。

CHALIFE活動と伴支連活動の今後の流れや、
商品ラインナップを決めて
サイトショップを仕上げることなどを打ち合わせしました。


2017/10/4
CHALIFEプロジェクト2017
CHALIFEマニュアルが完成しました!

これまで取り組んできたCHALIFEプロジェクトの内容を
精査した「CHALIFEマニュアル」が完成しました。

CHALIFEの考え方、ちゃらいふ緑茶の定義、
ブレンドテイスティング方法、楽しみ方提案、
ちゃらいふショップサイトの運営、
CHALIFE Salonの運営など、
製品開発から、商品開発、事業展開、販促方法まで、
分かりやすく詳細にまとめてあります。


緑茶の新ビジネス提案が詰まった「CHALIFEマニュアル」

緑茶の新提案について取り組み始めたのは約10年前。
当時はお湯出し緑茶の可能性を探っていましたが、
水出し緑茶に発想を切り替えたことで
新ビジネス提案の体系が完成しました。

CHALIFEビジネスは、茶業者さんだけのものではなく、
ビジネスの可能性を伸ばしたい飲食店、食品メーカー、
小売業や、地域活発化を図りたい自治体、主婦やOLまで、
食に関心のあるすべての方が対象のビジネスです。

このマニュアルを活かし、多くのパートナーと連携して
仲間づくり、ファンづくりの輪を広げていきます。


シロウトの方でも分かりやすくまとめてあります


2017/3/13
CHALIFEプロジェクト2017
新感覚ブレンド水出し緑茶という新産業カテゴリーを披露

FEG藤枝ネオプロジェクトの1年間の成果を
副市長やFEG推進協議会および関係者へ披露する報告会。

プロデューサーの望月による
支援ポイントやCHALIFEの主旨の説明に続き、
参加事業者による取り組み内容や
今後についてなどのプレゼンテーション。
その後、参加者に試飲していただきました。


ビジネスプロデューサーの望月より、事業内容や
CHALIFEの主旨についてを説明


自分のブランドロゴをバックに取り組み内容を語る
人と農・自然をつなぐ会さん

松田商店さんは、匠の緑茶7種、グルメ緑茶5種、
カジュアル緑茶5種、おいしい健康茶3種、
鹿肉用グルメ緑茶4種の合計21種。

人と農・自然をつなぐ会さんは、
匠の緑茶5種、グルメ緑茶5種、
カジュアル緑茶3種の合計13種。

V.W.STORKも匠の緑茶7種、グルメ緑茶5種、
カジュアル緑茶5種の合計17種類を披露。


20種類ものブレンド緑茶を披露した松田商店さん

今回は、単に一企業の商品開発をしたのではなく、
新しい産業として発展の可能性がある
「新産業カテゴリー開発」に取り組んだ
これまでとはまったく違う支援です。

そういう意味で、地域活発化の礎となり得る
「新感覚ブレンド水出し緑茶 CHALIFE」という
新産業カテゴリー誕生のお披露目にもなりました。


松田商店さんのおいしい健康緑茶「gootea」


人と農・自然をつなぐ会さんのカジュアル緑茶「心華茶」


V.W.STORKの匠の緑茶「富月園聖源」