ホリスティックティーの淹れ方

水出しハーブ緑茶

なぜ水出しがおすすめなのか?

お湯で淹れる場合、茶葉の量、お湯の量、お湯の温度、抽出時間などの条件が少しでも変わると、緑茶の味わいが変わってしまいます。一方、水出しで淹れると、誰でも安定した味わいで淹れやすいため、年齢や時間帯を問わずお楽しみいただけるほか、テイスティングやブレンドにも向いています。
また、水出しで淹れることにより、カフェインの抽出が抑えられるため、小さなお子様や年配の方、午後以降に召し上がる場合は、カフェインが抽出されにくい水出しの淹れ方を推奨しています。

水出ししたものを温めれば、カフェインレスのまま温かくお召し上がりいただくこともできます。

飲み方に合わせた3つの淹れ方

100.1
・水100ccに茶葉1g
・水分補給としてストレートで飲む濃さ
・お子さまやビギナーに向いている濃さ
・ブレンドテイスティングする時の濃さ

100.2
・水100ccに茶葉2g
・お茶の味をしっかりと楽しむ、食べ物に合わせて楽しむ濃さ
・水やお湯で薄めて楽しむ濃さ
・シロップやカクテルとしてアレンジを楽しむ濃さ

冷蔵庫で8時間。
誰でもカンタンに
安定した味わいの水出しで淹れる方法

・水100ccに茶葉1g
・水分補給としてゴクゴク飲む濃さ
・お茶に親しんでいないビギナーに向いている濃さ

❶フタが閉まるボトル、茶葉、キッチンスケールを用意します。
水出し緑茶
❷飲み方に合った適量の茶葉と水をボトルに入れます。
(お水は浄水器等を通した水道水か、国産のミネラルウォーターを
おすすめします。)
水出し緑茶
❸冷蔵庫で約8時間置きます。
水出し緑茶
❹ボトルを2回程度、逆さにして水と茶葉を撹拌します。
水出し緑茶
❺ボトル内の茶葉を茶漉しで漉して出します。(雑味が出るため、茶葉を入れっぱなしにしない)
水出し緑茶
❻2日間ぐらいなら冷蔵庫保存で味・色ともあまり変わらずおいしく飲めます。

<補足>
※温かくして飲む場合は、レンジでOK。
200ccならレンジで約60秒温めるのが目安です。(電子レンジの出力によって変わります。)
※冷た過ぎると味を感じにくく、常温に近い方が味が分かりやすいです。