匠の緑茶 玄米茶

すっきり透明感ある味わいの
一番茶を使った贅沢な玄米茶

甘こうばしい玄米の香りが広がり
すっきりした透明感のある味わいの玄米茶です。
トマト系やデミグラス系の料理と相性が良く
お茶が料理の味をすっきりと切り替えつつ
玄米のこうばしさがアクセントになります。
スイーツではチョコレート系やみたらし系のものと相性が良く
お茶の味わいがなじんで
玄米のこうばしさが余韻をすっきりしてくれます。

玄米茶

●石司麻美が見た匠・前田文男さんと匠の玄米茶のすばらしさ
茶匠 前田文男/前田幸太郎商店 専務、全国初茶審査技術大会最高位十段取得者
前田さんは、大量生産は絶対せず、お茶の性質をひとつひとつ見ながら、丁寧に仕上げます。同じお茶でもその日の温度や湿度で仕上がりが違ってきます。前田さんは焙煎する時、お茶の個性とその日の気候を見ながら、温度を1℃単位で調節して味と香りを確認。火入れの技術に自信のある茶匠さんの中には、お茶の個性より匠の技が前に出てしまう人もいますが、前田さんはあくまでも自分は裏方に徹して、素材の良さを表に出してあげる方。一般的な緑茶を水出しすると生っぽかったり青臭い感じになりやすいのですが、前田さんの緑茶は内側までじっくり丁寧に火を入れるので、それがありません。水出しにもとても向いている緑茶に仕上がります。

一般的な玄米茶は、二番茶、三番茶を使うため味や香りが薄いところを、炒った玄米の香ばしい香りでカバーする、良く言うとスッキリした味、悪く言うと味わいが薄いところがあります。でも前田さんの玄米茶は、かねてから玄米茶に使うにはもったいないほどのキレイな茶葉を使っていると思っていました。それもそのはず、贅沢に一番茶を使っているそうです。番茶を使うと特有のもわっとした香りが気になったりしますが、前田さんの玄米茶にはそれがなく、ほんのりした甘旨味を残しつつ透明感あるすっきりした味わいです。水出しすると、雑味のない甘旨味のある香ばしい味わいを楽しめます。以前、小学2年生の男の子がこの水出し玄米茶を試飲し、「うまっ!」と驚いていたことがありました。やさしい味わいながら、香ばしさが分かりやすいので、お子さんや外国人の方に特に人気です。

水出しハーブ緑茶の淹れ方

玄米茶
■商品名:匠の緑茶 玄米茶
■内容量:60g
■原材料:緑茶
■販売者:(有)V.W.STORK
■保存方法:直射日光、高温を避け、冷暗所で保存して下さい。
移香にご注意ください。