匠の緑茶 棒茶

甘く青々しいふわっとした香りと
苦渋味の少ないしっかりとした甘旨味の棒茶

棒茶の甘く青々しい香りがふわっと抜け
苦渋味の少ないしっかりとした甘旨味が広がります。
カレーや焼き肉などと相性が良く
料理の強い味や油分を、お茶が和らげます。
スイーツではカスタード系やみたらし系のものと相性が良く
お茶の香りがフルーティーに感じられ、すっきりさせつつ
味わいを華やかに引き立てます。

棒茶

●石司麻美が見た匠・前田文男さんと匠の棒茶のすばらしさ
茶匠 前田文男/前田幸太郎商店 専務、全国初茶審査技術大会最高位十段取得者
表面的に茶葉に火を入れて(焙煎をして)香ばしいファーストインパクトを強調している製茶問屋さんも多い中、前田さんの緑茶はガツンとくるインパクトはないけれど、いつまでもずっと飲んでいたくなるような、飲む人に寄り添うような緑茶です。また、表面だけ火入れした緑茶は時間が経つと香りが抜けて味が変わることがありますが、前田さんの緑茶はじっくりと丁寧な火入れによって、時間が経っても、その繊細な味わいが保たれます。自分が表に出ることなく、あくまでも緑茶の個性を尊重し、通常の何倍も手間をかけて丁寧に仕上げる、そんな作品とも言える緑茶を手がける匠です。

棒茶または茎茶とも言われるお茶は、浅蒸し茶や深蒸し茶を作る時に除かれる茎の部分を使ったお茶です。一般的に棒茶はガブガブ飲む安価なイメージがあります。しかし、もとの原料が良ければ良いほど、棒(茎)の部分にもおいしさが残っているのです。この棒茶は、目利きの前田さんが選んだ茶葉の茎なので、甘味旨味がしっかりあり、大事に飲みたくなるような味わいです。棒茶を水出しすると青っぽい味になりがちですが、前田さんの丁寧な火入れにより、水出ししても緑茶の味わいがしっかりあり、フルーティーにも感じるやさしい甘い青さがあるのが特長です。

水出しハーブ緑茶の淹れ方

棒茶
■商品名:匠の緑茶 棒茶
■内容量:60g
■原材料:緑茶
■販売者:(有)V.W.STORK
■保存方法:直射日光、高温を避け、冷暗所で保存して下さい。
移香にご注意ください。