匠の緑茶 玉露

熟度が違う二種類の玉露をブレンド
ふっくらとやわらかな香りと旨味

ふっくらとしたやわらかな玉露の香りと甘旨味が広がり、
すっきりと清涼感のある清々しい余韻に包まれる玉露です。
熟度の違う二種類の玉露をブレンドすることで、
軽やかで飲みやすい味わいに仕上げました。
チーズソースやタルタルソースなど
コクのある味わいの料理となじみます。
スイーツでは、餡子系やチョコレート系のものと好相性です。

玉露

●石司麻美が見た匠・牧野直さんと匠の玉露のすばらしさ
茶匠 牧野直/サスナカ牧野商会 社長
牧野さんは、煎茶の流通が多い静岡の中で、代々、玉露やかぶせ茶などの高級茶を扱っている数少ない製茶問屋さん。熟成の仕方や仕上げ方など玉露のことを知り尽くし、いろいろなタイプの玉露を扱っていらっしゃいます。茶商の中にはお茶を商材として見ている人も多いですが、牧野さんは、商売より良いお茶づくりに専念しているように見受けられます。温厚な人柄で、心からお茶を愛し、茶葉をなでながら話してくれるような方です。そんなお茶に対する愛情が、お茶の選定や仕上げにも表れていると思います。

京都の宇治、福岡の八女、そして静岡の朝比奈が玉露の三大産地と言われますが、産地で性質が全然違います。
京都の玉露は最高峰で、甘味、旨味がガツンとくる強さがあり、ツウ好みではありますが、ビギナーにはちょっと強すぎるところがあります。一方、静岡の玉露は、ともすると出汁や海苔のように感じる玉露ならではのまったりした甘味、旨味、香りが、それほど強くありません。玉露を飲みなれていない方は、まずは静岡の玉露を水出しで試していただくことをおすすめします。

匠の緑茶の玉露は、朝比奈の玉露2種類をブレンドしました。
玉露らしいふっくらとやわらかな香りとふくよかな甘旨味を持つ、The玉露というタイプと、熟成がそれほど進んでいない青くて爽やかな味と清々しい香りを持つ若い玉露という個性の違う2種類をブレンドすることで玉露の癖の強さをやわらげつつ、後味爽やかで水出しにしても玉露らしさが消えないバランス比率を探りました。

緑茶は生き物ですから、毎年個性の出具合が違ってきます。その年の出来具合を見て毎年選定やブレンド比率を変え、玉露を飲みなれていない方にも玉露の良さが伝わりやすいブレンドを心がけています。

水出しハーブ緑茶の淹れ方

玉露
■商品名:匠の緑茶 玉露
■内容量:60g
■原材料:緑茶
■販売者:(有)V.W.STORK
■保存方法:直射日光、高温を避け、冷暗所で保存して下さい。
移香にご注意ください。