食事中、お酒以外に飲むものといったら水やウーロン茶ですが、それではプレミアム感がありません。緑茶は食べ物の味を邪魔せず、口の中をさっぱりして食べ物をおいしくします。緑茶というと和食のイメージがありますが、実は洋食にもよく合います。そこで、老s舗製茶問屋が、フレンチやイタリアンをさらにおいしくするブレンド緑茶で、今の時代にあった新しい緑茶の楽しみ方を提案するブランドを開発。洋食をおいしくする女性向けのブレンド緑茶として奥さんが開発した「Scent of TEA」を革新のブランド、従来の緑茶をご主人の伝統のブランド「山一園茶楽助」として整え、夫婦ブランドとして展開していきます。

 

BACK