ランチハーブ緑茶生活

さまざまな料理やスイーツに合わせたブレンドができるのがハーブ緑茶の楽しいところ。もちろん手作り弁当やテイクアウトフード、コンビニ弁当にも合わせられます。

明日食べるランチの予定に合わせて、またはご主人やお子さんの好みを考えて、毎日、料理に合わせたブレンドで、バラエティ豊かな味わいのランチを楽しんでください。

●手作り弁当ハーブ緑茶を楽しむ
●外食ランチハーブ緑茶を楽しむ
●テイクアウトハーブ緑茶を楽しむ
●カップ麺ハーブ緑茶を楽しむ

●手作り弁当ハーブ緑茶を楽しむ

洋食をおいしく楽しむグルメ緑茶は、トマト系ソース、チーズ系ソースなど、ソースに合わせてブレンドします。お弁当のメインのおかずがミートボールのトマトソースならトマト系、塩シャケなら塩系、豚肉のチーズ焼きならチーズ系。

さらに、すっきりさせる、なじまえる、アクセントをつける、引き立てるという目的でブレンドできるので、毎日バラエティ豊かな組み合わせを楽しめます。

例えば、
エビフライのタルタルソースに合わせるなら、玄米茶ベースにローズヒップ、ローズマリー、キャラウェイシードのブレンドなど(一日一茶 6月21日)。
ハムやソーセージの味わいを引き立てるなら、浅蒸し茶をベースにセージと生バジルのブレンドなど(一日一茶 8月6日)。

●外食ランチハーブ緑茶を楽しむ

外食した際、お店で持参したハーブ緑茶を飲むことはできませんが、お店を出た後に、食事の余韻や後味を切り替えるのに役立ちます。

ニンニクの効いたパスタなら、口の中を爽やかに切り替えるハーブ緑茶。揚げ物などガッツリ系なら、食後の胃腸をすっきりさせるハーブ緑茶など、ランチの予定に合わせて前の晩に作ります。もし予定が分からない場合は、スッキリ系、なじませる系などを作っておけば、大抵の食事には合うと思います。

例えば、
コロッケなど揚げ物を食べた後、口の中をさっぱり切り替えたいなら、深蒸し茶をベースにレモングラスとジンジャーのブレンド(一日一茶 5月6日)。
中華料理の強い味わいを華やかに切り替えるには、浅蒸し茶をベースにカモミール、エルダーフラワー、スターアニスのブレンドなど(一日一茶 12月15日)。

●テイクアウトランチハーブ緑茶を楽しむ

ランチタイムになるとさまざまなキッチンカーが並び、贅沢バーガーやエスニック料理など、味も見た目もバラエティ豊かなランチが楽しめるようになりました。レストラン顔負けのレベルになってきています。

また、デパ地下やホテルのお弁当など、少し贅沢なお弁当を食べる時にも、こだわりのハーブ緑茶を添えることで、さらにランチの満足度がアップします。食のレベルが上がりリーズナブルになっている中、飲み物もレベルアップしたいですね。

例えば、
鶏肉の旨味を引き出したシンガポールチキンライスなどシンプルな料理に合わせるなら、棒茶をベースにカモミール、フェンネルのブレンド(一日一茶 12 月19日)。
ハンバーガーの味わいをすっきり切り替えるなら、番茶をベースに生バジルと生ローズマリーのブレンド(一日一茶 7月20日)。

●カップ麺ハーブ緑茶を楽しむ

急いで会社に戻らなきゃならないから、パパッとコンビニ弁当で。外出している時間がないから、今日はカップ麺でランチだ、なんて日もあるでしょう。そんな慌ただしいランチでも、ハーブ緑茶でちょっとリッチな気分を味わってください。

前の日から分かっていたら、味に合わせるだけじゃなく、ストレス解消やリフレッシュを目的としたブレンドもできますよ。

例えば、
魚介の旨味が濃いシーフードのカップ麺に合わせるなら、深蒸し茶をベースにカモミール、フェンネルシードのブレンド(一日一茶 5月21日)。
チキン味の麺に合わせるなら、浅蒸し茶をベースにダンディライオンルート、ローズマリー、ブラックペッパーのブレンドなど(一日一茶 8月25日)。

 
<一日一茶>
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
※青色帯の「グルメハーブ緑茶」、ピンク帯の「スイーツハーブ緑茶」、白色帯の「健康ハーブ緑茶」を参考にしてください。

・気軽にハーブ緑茶を楽しみたい方へ…健康ハーブ緑茶グルメハーブ緑茶スイーツハーブ緑茶
・自分でブレンドして楽しみたい方へ…ブレンドキット
・本格的に楽しみたい方へ…ハーブ緑茶マイスタースクール