ハーブ緑茶の淹れ方

水出しハーブ緑茶

なぜハーブ緑茶は、水出しなのか?

お湯出しの場合、緑茶とハーブティーは淹れ方が正反対です。
緑茶は低い温度でサッと出す。
ハーブティーは高温でじっくり出す。
お湯出しだと両方の良さを同時に引き出すことができません。
ですから、ハーブ緑茶は水出し推奨なのです。

飲み方に合わせた3つの淹れ方

100.1
・水100ccに茶葉1g
・水分補給としてゴクゴク飲む濃さ
・お茶に親しんでいないビギナーに向いている濃さ
・ブレンドテイスティングする時の濃さ

100.2
・水100ccに茶葉2g
・お茶の味を楽しむ、食べ物に合わせて楽しむ濃さ
・水やお湯で薄めて楽しむ濃さ

冷蔵庫で8時間。
誰でもカンタンに
安定した水出しハーブ緑茶を淹れる方法

・水100ccに茶葉1g
・水分補給としてゴクゴク飲む濃さ
・お茶に親しんでいないビギナーに向いている濃さ

❶フタが閉まるボトル、茶葉、キッチンスケールを用意します。
水出し緑茶
❷飲み方に合った適量の茶葉と水をボトルに入れます。
水出し緑茶
❸冷蔵庫で約8時間置きます。
水出し緑茶
❹ボトルを2回程度、逆さにして水と茶葉を撹拌します。
水出し緑茶
❺ボトル内の茶葉を茶漉しで漉して出します(茶葉を入れっぱなしにしない)。
水出し緑茶
❻2日間ぐらいなら冷蔵庫保存で味・色とも変わらずおいしく飲めます。

<補足>
※温かくして飲む場合は、レンジでOK。
200ccならレンジで約60秒温が目安です。
※冷た過ぎると味を感じにくく、常温に近い方が味が分かりやすいです。