石司麻美のハーブ緑茶生活とは

ハーブ緑茶,ハーブ緑茶生活

四角

「食ボーダレス時代」のボーダレスドリンク

食の環境はどんどん変化しています。
パンケーキ、スーパーフード、熟成肉など
さまざまな黒船グルメやスイーツが上陸しています。

居酒屋さんでは、
タコス風餃子、お刺身にチリソース、パクチー山盛り鍋など、
ジャンルを超えたメニューが並んでいます。

フレンチのシェフが
昆布や鰹節などの出汁を使い始めていたり。
世界的なショコラティエが
柚子や抹茶などの和食材を使ったり。

和フレンチ、カリフォルニアイタリアン、
ヌーベルシノワなどなど、従来の和洋中の枠に留まらない
楽しみ方がますます増えています。

食に国境はなくなりました。
まさに食ボーダレスの時代です。

ご家庭では、アレンジブームが起きています。
豆腐にはちみつとレモン、納豆にチーズやバター、
卵かけご飯にナンプラーをちょい足ししたり。

トーストにバターと海苔の佃煮、
マヨネーズ+一味+醤油をおつまみ系の万能ソースにしたり。

レシピ投稿サイトのクックパッドや、
レシピ動画サイトのクラシルやデリッシュキッチンでは、
数えきれないほどのアレンジレシピが出ています。

メーカーから与えられるだけでなく、
カスタマイズを楽しむ人たちが増えています。

そんな食事を楽しむために
「食のジャンルの境がなく食事をおいしくバックアップできる
新しいカテゴリーの飲み物はないかと考えていました。

日本茶は、和食はもちろん洋食やスイーツにもよく合います。
それは、日本茶に含まれる旨味成分が、
食べ物の味わいを引き立てるからです。

一方、香りに関しては、洋食などは香りの強い料理も多く
日本茶では引き立てきれません。

しかし、香り豊かなハーブをブレンドすることで、
味は日本茶の甘旨味、香りはハーブと双方を活かし
幅広く料理の味わいを
深めることができるのではないかと思いました。

四角

「食事の名脇役」ハーブ緑茶

ところが、大きな課題がありました。
緑茶とハーブティーは淹れ方が正反対です。

緑茶は低い温度でサッと出す。
ハーブティーは高温でじっくり出す。
緑茶とハーブをブレンドしてお湯出しをすると
両方の良さを同時に引き出せないのです。

それぞれ適切な抽出時間で、
やや低めの温度で淹れた緑茶と
熱湯で淹れたハーブティーを混ぜれば
美味しいハーブ緑茶を楽しめます。
しかし緑茶とハーブを別々に淹れ分けるのは
手間もかかるし難しくもあります。

何か良い方法はないものか…と考えていたある日、
ひらめきました!
今、世の中は水出しブーム。
最近では、緑茶もコーヒーや紅茶も、そして出汁なども
水出しの方が良いという人が増えてきています。

「そうだ!水出しにしたらどうだろう!?」

テストを繰り返した結果、冷蔵庫で8時間抽出で
どちらも良いコンディションで
抽出できることを発見しました。

緑茶とハーブをそれぞれ水出しして
テイスティングしながらブレンドし、
お気に入りの味ができたら
同じ配合割合で茶葉とハーブをブレンドして水出しすれば
同じ味が再現できることも分かりました。

水出しはカフェインが少ないため、苦味渋味も少なくて、
お子さんや妊婦さん、
就寝前でも飲めると良いことづくめです。

ドライフルーツやスパイスなどもブレンドしたらいいかも!
と思い立ち、ブレンドできそうなものを
水出しして合わせるテストを始めました。

まずはベースとなる緑茶です。

緑茶を正しく分類する方法、
それは製法別に見るのが一番です。
玉露、浅蒸し、深蒸し、棒茶、番茶、玄米茶、焙じ茶の
7種類に分類しました。

よく「緑茶の違いが分からない」と言われますが、それは
産地、品種、製法、摘採日などが
入り混じって販売されているから。
緑茶の個性の違いがよく分かる、
玉露、深蒸し茶、浅蒸し茶、棒茶、番茶、玄米茶、焙じ茶の
製法別の7種類に分類したのです。

さらに、品種や火入れにこだわり、
水出しでおいしく抽出できる緑茶を厳選しました。

ハーブは一般的に手に入りやすくてブレンド向きな15種類。
ドライフルーツも同様に15種類ほどを選びました。

これらを全部水出しして、
緑茶とハーブ、緑茶とドライフルーツ、
ハーブとドライフルーツ、ハーブとハーブを
ひとつひとつ組み合わせて相性を見てみました。

素材同士のペアリングテストです。

すると、さまざまな相性が分かり、
多彩な味わいのハーブ緑茶が作れることが分かりました。

そして、いろいろな人に試飲をしてもらいました。
仕事で関わった製茶問屋さん、茶販店さん、飲食店のシェフ、
アロマテラピスト、フードコーディネーターなど。

「ハーブ緑茶にすると、ハーブの良さを残しつつ
個性が和らいで飲みやすくなる」という意見をもらい
嬉しくなりました。

ところが、一緒にブレンドをしてみましょうとなった時、
「何を基準にブレンドしていいか分からない」
と言われたのです。

私が感じていたおいしさの基準は、
すっきりさせる、
なじませる、
アクセントをつける、
引き立てる、の4つです。

その反対は、
平行線、
散らばる、
ぼやける、
ぶつかる、です。

私の父は調理師です。

私は小さい頃から、
父が料理を作る様子を側でずっと見て育ちました。
例えばホワイトソースを作る場合、
仕上げにローリエを入れると、
入れる前のもったりした感じが消え、
上品な味になりびっくりしたものです。

料理する過程を何度となく体験させてもらったことで、
自然に私の中で、段階的な味の基準が
できていたのかもしれません。

それと、以前、
協同組合のアンテナショップで店長をしていた時、
そこで約50社の緑茶を、お客様の好みに合わせて淹れるなど
日々、お茶の個性に向き合っていました。

この2つが重なって私の中に、ブレンドに対する
ジャッジ基準が培われていたのだと思いました。

その後、この味のジャッジ基準でブレンドを説明すると
とても分かりやすいと言ってもらえました。

人に伝えるための標準化が大切なんだな、と実感できました。

四角

「飲み物を料理する」ハーブ緑茶ブレンド

お酒を飲む人なら、
唐揚げにはビール、お刺身には日本酒、洋食にはワインと
食事を引き立てる飲み物を無意識に選んでいませんか?

お酒を飲まない人の場合はどうでしょう?
ジンジャーエールなら、オレンジジュースならと
意識している人がどれだけいるでしょうか?

ファストフードにはコーラやジュースがありますが
イタリアン、フレンチ、和食には
あまり向いているとは言えないと思います。
強いて言えば「水?」、とかになってしまいます。

私はお酒が飲めません。ですので、
「お酒に代わって、
より食事をおいしくいただける飲み物があればいいのにな」
と常々思っていました。そこから
「ハーブ緑茶ならできるかも!」と思ったのです。

でも、どうやって料理に合わせればいいのでしょう?
同じイタリアンでも、肉もあれば魚もある。
味付けもいろいろです。

考えて、考えて、ある時気づきました。
「そうか!ソースを基準にすればいいんだ!」。

ソースにも調味料やスパイス、食材などによって
たくさんの種類がありますが、
トマト系ソース、チーズ系ソース、塩系ソースなど、
基本のソースをいくつか設定しました。

スイーツも、クリームに合わせればいいと気づきました。
ソースと同様に、生クリーム系、カスタード系、チョコレート系など、
味に合わせられそうな基本のクリームを設定しました。

そしてまた、ペアリングテストです。
ソースと緑茶で70組、
ソースとハーブで80組、
クリームと緑茶で60組、
クリームとハーブで70組、
クリームとドライフルーツで60組など…。
気づいたら、2000通り以上にもなっていました。

緑茶とソースの相性、
ハーブとソースの相性、
緑茶とハーブの相性など、
それぞれの関係性がよく分かってきました。

この時、「Cook Drinks 飲み物を料理する」
という概念が私の中に生まれたのです。

そして「そうだ!365日違うブレンドを楽しむ
レシピカレンダーを創ってみよう!」
と思い立ちました。

例えば、6月10日のミルクキャラメルの日には、
キャラメル系スイーツの味わいになじみつつ、
アクセントとなるほうじ茶をベースに
シナモンを加えたブレンド、といったものです。

カレンダーの中には、
季節ごとの行事や旬の食材といった四季の移ろいがあります。
また、家族や会社の同僚、友人、友人のお子さんの誕生日、
お祝い事、健康、楽しみといった人の生活の営みがあります。
そんな生活全般を見つめることで、
あれもできるこれもできると視野が広がって行きました。

そうやってできたのが一日一茶レシピカレンダーです。

レシピカレンダーに取り組むことで、
果物や野菜の旬、日本古来の歳時記、節気など
普段見逃していたようなことが見えてきたり。
家族の味の好みや体調をより気遣うようになったり。

そして、ハーブ緑茶を楽しむライフスタイルとして
「味わいのハーブ緑茶」、
「生活のハーブ緑茶」、
「味覚のハーブ緑茶」という
3つの提案カテゴリーが私の中に生まれてきました。

四角

味わいのハーブ緑茶

ハーブ緑茶そのものの味わいを楽しんだり、
食事やスイーツの味わいを深めるティーペアリングとして
楽しむハーブ緑茶スタイルです。

料理に合わせ
多彩なブレンドができる水出しハーブ緑茶ですが、
単にいろいろなブレンドを作ることが目的ではありません。

味わいを深めるために①すっきりさせる、②なじませる、
③アクセントをつける、④引き立てるという
4つの目的を設定しており、同じ食べ物でも違う目的で
ブレンドした水出しハーブ緑茶をペアリングすることで、
何通りもの味わいの変化を楽しめるのが特長です。

あらゆる食べ物が出そろった感のある飽食の時代。
今のレストランやカフェには、個性を出すための
新しい提案が欠かせません。

ハーブ緑茶は、ハーブやスパイスの風味と共に、
緑茶をベースにすることでまるやかな味わいになり、
いろいろな料理の味わいを深めることができます。

また、自宅で楽しむ場合は、
料理やスイーツの世界観に合わせて、
こんな食器やグラスを使ってみようなど、
クリエイティブ感覚で楽しむことができます。

ちょっとこだわって料理やスイーツを味わう。
そんな自分へのささやかなご褒美が
心のゆとりにつながっていきます。

●プレミアム水出しハーブ緑茶
製法別7種類の緑茶をベースにして
それぞれの緑茶の個性を味わい
そのまま飲んでも、ティーペアリングにも、
健康的なドリンクとしても楽しめる提案です。

●グルメ水出しハーブ緑茶
トマトソース、チーズソース、カレーソースなど、
料理のソースに合わせて緑茶、ハーブ、スパイスをブレンドし
食事の味わいを深める、お酒を飲まない人のための
ティーペアリングを楽しむ提案です。

食事の味わいを深めることで、より豊かな食生活を
楽しむことができます。

さらに、相性のいい食べ物と食べ物、食べ物と飲み物の
ペアリングやマッチングができるセンスを身に付けて
新しい味わいを発見するなど、楽しみの幅を広げられます。

●スイーツ水出しハーブ緑茶
果物系、チョコレート系、生クリーム系など、
スイーツのクリームに合わせて緑茶、ハーブなどをブレンドし
スイーツの味わいを深めるティーペアリングの提案です。

最近、甘さ控えめの
スイーツが増えてきていると思いませんか?

保存技術が進歩したことで、昔のように大量の砂糖を使い
保存性を上げる必要がなくなったせいもありますが、
甘いだけでなく果物やバター、ミルク、カカオなど
素材を活かした奥行きのある複雑な味わいを
楽しむようになったからだと思います。

パンチの利いた甘い物には、
コーヒーや紅茶で切り替えるのが向いていますが、
素材を活かしたやさしい味わいのスイーツに
強い飲み物を合わせると味がマスキングされ、
スイーツの風味まで消してしまいます。

やさしい味わいのハーブ緑茶は、
奥深いスイーツの味わいを残しつつ
すっきり切り替えたり、爽やかに華やかに引き立てます。

四角

生活のハーブ緑茶

生活の中での上質な水分補給として
日々、水出しハーブ緑茶を楽しむスタイルです。

緑茶は、お湯出しだとカフェインが多く含まれますが、
水出しにするとほぼなくなるため、子供からお年寄り、
妊婦さん、寝る前でも安心。
さらにリラックス効果のあるテアニンは豊富です。

今、アメリカで流行しているのが、ノンカフェイン、
テアニン豊富なリラクゼーションドリンク。

カフェインの覚醒作用で
パワーを出すエナジードリンクに対し、
リラックスすることで創造性を上げるドリンクとして、
クリエイターなど感度の高い人の間で人気です。

カフェインが少なくテアニン豊富な水出し緑茶は、
まさに天然のリラクゼーションドリンク。
そこへハーブのいろいろな効能を加えたハーブ緑茶は、
健やかな毎日の上質な水分補給にぴったりです。

健康的な飲み物というと、一般的には
経口補水液、特保飲料水、酵素水、青汁、野草茶などがありますが、
どれも既製品の同じ味を毎日飲み続けるものなので、
変化に乏しく飽きてしまいがち。
また効果も決まった範囲です。

水出しハーブ緑茶は、シーンや気分、体調に合わせて
自由にブレンドできるので日々の変化に対応でき、
毎日違う味わいが楽しめます。

●安眠水出しハーブ緑茶
水出しすることで、ほとんどカフェインが出ない緑茶。
中でも寝つきを良くするテアニンが豊富な棒茶をベースに
安眠効果に加え、残業、イライラ、
誘眠、飲酒、冷えのシーンを想定した
ハーブをブレンドした、安眠のための提案です。

安眠のためには、14時以降は
カフェインを摂らない方が良いと言われます。
午後のおやつや夕飯の後の飲み物としても、
安心して楽しんでいただけます。

●ナチュラル美人水出しハーブ緑茶
ハーブの効能を活かし、美肌、デトックス、冷え、便秘、
疲れなどのシーンを想定したハーブをブレンドした、
健やかな毎日を送りたい女性のための提案です。

ハーブの効能を得るならハーブティーでいいのでは?
と思われるかもしれませんが、
ハーブティーは香りは華やかだけど個性が強いため
好みが分かれます。

ハーブ緑茶は、緑茶が入ることでハーブの個性が生かされつつ
まろやかで飲みやすくなります。

●マタニティ水出しハーブ緑茶
口に入れるものに敏感になる妊娠期間。
カフェインや人工甘味料、保存料などは避けたいもの。
かといって麦茶など毎日同じものでは飽きてしまいますよね。
そんな妊婦さんに向けた提案です。

水出しハーブ緑茶なら、
自然素材、超ローカフェインで妊婦さんでも安心。
さらにリフレッシュ、母乳の出を良くする、
花粉症対策、冷え対策、むくみ対策など
体調や気分に合わせて自由にブレンドできるので
日々の変化に対応でき、毎日違う味わいが楽しめます。

●チャイルド水出しハーブ緑茶
人工甘味料やカフェインの心配がなく
お子さんが毎日、ゴクゴク飲める飲み物としての提案です。

おやつや食事の時に飲むドリンクとして、
通常の濃いジュースだと甘味でマスキングされ
料理の味わいが消えてしまいますが、
ハーブ緑茶なら食事もおいしく味わってもらえて、
糖分の取り過ぎも抑えられます。

学校へ毎日水筒を持っていくお子さんなら、
日替わりでいろいろな味わいのハーブ緑茶にすれば、
飽きずに楽しんでもらえます。

また、試験勉強の時は集中力を高めるブレンド、
風邪の季節には風邪予防のブレンドなど工夫できます。

「今日の味はどうだった?」「何のハーブだと思う?」
と会話すれば、味の好みが分かり
味コミュニケーションにも役立ちます。

●日々健康水出しハーブ緑茶
ご両親や年輩の方などへ
いつまでも元気でいてもらうための
上質な水分補給としての提案です。

カフェインがほとんどない水出しハーブ緑茶は、
利尿作用や覚醒作用を心配することなく、
お休み前や熱中症対策、バス旅行など
長時間移動する時の飲み物としてもオススメです。

もともとボケ防止や抗酸化作用があると言われている緑茶。
そこへ、胃もたれ、軽い運動をする時、リフレッシュ、
目の疲れなど、メディカルハーブの考え方によるブレンドで
日々の健康を気遣った飲み物として楽しんでもらえます。

四角

味覚のハーブ緑茶

いろいろな人にハーブ緑茶を楽しんでもらって
分かったことがあります。それは、
繊細な味わいのハーブ緑茶は、飲み続けることで
濃い味や刺激に慣らされた味覚をリセットする効果がある
ということです。

五味の中にある旨味は、主に日本人が感じる繊細な味です。
緑茶にはこの旨味が含まれていて、それを感じることで
味覚が磨かれるようなのです。

ある人は、ハーブ緑茶を自分でブレンドして
毎日飲むようになってから、それまで大量に飲んでいた
コーヒーを飲まなくなったそうです。

他にも、日本酒が甘すぎると感じて飲む量が減った、
マーガリンではなく、上質なバターを食べるようになった、
合成のサラダ油ではなく
天然のオリーブオイルを選ぶようになった、
刺激物がいらなくなった、自然と薄味になった
などという声が寄せられています。

味を感じる味蕾は10日ほどで再生されると言われます。
自分で緑茶とハーブを選び、分量を決めてブレンドし、
「どんな味かな?」と意識して味わって飲むことで
旨味や素材の味わいを吟味するようになり
自然と味覚が磨かれていく。
それにより食生活習慣の改善や食育などを楽しむのが
味覚のハーブ緑茶スタイルです。

●ハーブ緑茶 味覚リセットブレンドキット
基本素材一式がセットされたブレンドキットを使い、自分で
ハーブ緑茶を自由にブレンドして楽しむ提案です。

自分でブレンドすることで、
ハーブ緑茶やペアリングした食べ物を
より深く味わうようになり、味覚が磨かれます。

家族や友人同士でブレンドして
誰のブレンドが一番好きか、この料理に合うかなど
ワイワイ楽しめば、コミュニケーションにもなり
味覚への意識も高まると思います。

最初のうちは、「一日一茶」レシピカレンダーを参考に。
慣れてきたら、自分なりにカスタマイズを加えて。
上達してきたら、食べ物をおいしくするオリジナルブレンドや
効能を活かしながら飲み口もおいしくするといった
ハイレベルペアリングに挑戦するなど、
ブレンドすることで自分を磨き、
生活を充実させるステップアップがあります。

味覚のハーブ緑茶生活では、
以下4つの楽しみ方を伝えていきたいと思います。

❶女性の感性を内面から磨く!
女性の感性とは何か?それはまず
自分が楽しみ、そして周りの人を楽しませる力だと思います。

味覚が磨かれれば、
鮮度や素材の良さなどをよく感じられるようになり
より食事を楽しめるようになります。

毎日、食べ物をおいしく食べられると、
たとえ贅沢をしなくても心が豊かになります。

すると、家族や友人など周りの大切な人の
健康や楽しませ方に心を配るゆとりが生まれます。

食に関心を持つようになれば、味覚だけでなく
美しい盛り付けや食器などの見た目(視覚)、
ジュージューいうおいしそうな音(聴覚)、
立ち上るおいしそうな香り(嗅覚)、
手触りや食感(触覚)と、五感が磨かれ
周辺にあるものへも興味が広がるでしょう。

ブレンドキットを使ってアンテナを高めていき
内面から自分の感性を磨く生活を
楽しんでいただきたいと思います。
女性の感性を内面から磨く

❷食育を家族で楽しむ!
食育というと、主食、主菜、副菜など
栄養やカロリーが中心だったり、
食に関する知識、食に感謝する心、
食を選択する判断力など、いろいろな事が言われています。

それらも含めて、大事なのは個々の子供の感性を磨くこと。
今の時代、好き嫌いで栄養失調になることはありません。
好き嫌いがある子供は、感性が豊かだとも言えます。

もともと味覚は、毒性や腐敗性だったり、
体に必要な養分を感じ取る、生きていく上で不可欠な能力。

味覚センサーを高め、子供が自分で
体に良い食べ物を選択できるように育むことが大事です。

お子さん、お孫さんと一緒に
今日のハーブ緑茶の味わいについて会話してみる、
ハーブ緑茶をブレンドしてみる、
利きハーブ緑茶をしてみるなど、
ブレンドキットを使い、味覚への関心を高め
家族で食育を楽しんでいただきたいと思います。
食育を家族で楽しむ!

❸食生活習慣を変える!
おいしいものは高カロリー、高塩分、高糖度で
体に悪かったりします。

本当は大好きなのに食べないようにするのは辛いもの。
それだと長続きしません。

ダイエットも、生活を極端に変えようとするから
挫折したり、目標を達成してもリバウンドしてしまいます。

味覚が磨かれると、素材を味わえるから、
塩分、糖分が少なくてもおいしく食べられます。
すると次第に、おいしいと思う感覚が変わってくるはず。

好きなものを無理にやめるのではなく、
ブレンドキットで味覚を磨くことで、自然に好みの味を変え
食生活習慣の改善につなげていただきたいと思います。
食生活習慣を変える!

❹飲み物を料理する!
お酒を飲む人なら、お肉には赤ワイン、魚介には白ワインと、
食事と飲み物を合わせて
ペアリングやマリアージュを楽しみます。

それと同じように、ソフトドリンクでも
食べ物の味わいを深めるペアリングをしたいと思ったのが
ハーブ緑茶を開発するキッカケです。

そして「Cook Drinks 飲み物を料理する!」を
コンセプトに生まれた水出しハーブ緑茶。
最大の特長は、食事やスイーツに合わせるだけでなく、
気分や体調に合わせ、人やシーンに合わせ、
変化に富んだブレンドが楽しめること。

緑茶、ハーブ、スパイスなどの素材や配合比率を変えることで
好みのハーブ緑茶を無限の組み合わせで
自由に創ることができます。

365日分のブレンドレシピを紹介している
「一日一茶」レシピカレンダーを参考に、ブレンドキットで
毎日違うブレンドを楽しんでいただきたいと思います。
飲み物を料理する!

四角

世界中の食卓に、ハーブ緑茶を!

それぞれの提案に合わせて、
9タイプの商品を考えました。

①プレミアム水出しハーブ緑茶シリーズ7種
②グルメ水出しハーブ緑茶シリーズ5種
③スイーツ水出しハーブ緑茶シリーズ5種
④安眠水出しハーブ緑茶シリーズ5種
⑤ナチュラル美人水出しハーブ緑茶シリーズ5種
⑥マタニティ水出しハーブ緑茶シリーズ5種
⑦キッズ水出しハーブ緑茶シリーズ5種
⑧日々健康水出しハーブ緑茶シリーズ5種
⑨ハーブ緑茶 味覚リセットブレンドキット

さらに、このハーブ緑茶の楽しみ方を
より多くの人に知ってもらい、ノウハウを伝えるために
ハーブ緑茶マイスタースクールを開設しました。

マニュアルとブレンドキットを使い、
味覚力やティーペアリング力を高めたり
ビジネスへの応用など具体的なノウハウやテクニックを
実践的に楽しく学ぶことができます。

食のボーダレス化は日本だけではありません。

和食が世界遺産になったり、旨味が「UMAMI」として
世界で認識されるようになったり。

世界の大都市では各国の新しい料理が楽しめます。
世界の有名な観光地には、
世界の有名な料理店が出店しています。

そんな食ボーダレス化が進む世界のあらゆる食事シーンへ
お届けできるボーダレスドリンク、それが
ハーブ緑茶だと確信しています。

そしてもうひとつ、
ハーブ緑茶を開発していて分かったことがあります。
世の中は、エナジードリンクから
リラクゼーションドリンクの時代になったということです。

21世紀になって戦いの時代が終わり
世の中が平和になった今の時代に育った若い人たちは
お酒を飲む人が減っている、煙草を吸わなくなった、
コーヒーなど苦いものが苦手な人が増えています。

かつてのようにお酒を飲んで気合を入れたり
カフェインの強いコーヒーやエナジードリンクを飲んで
自分を鼓舞するというより、癒されたい、楽しみたい、
クリエイティブしたい、リラックスしたいという
志向が高まっています。(ソフトドリンク革命

食の価値観も、健康の価値観も
ますます様変わりしていくでしょう。
そんな時代に寄り添い、
世界の食卓をより豊かなものにできれば幸いです。

ハーブ緑茶マイスター 石司麻美