お茶を飲む人が減ったのは不味くなったからではなく、コーヒーや紅茶、ジュース、ハーブティーなどの競合が増えたから。従来のようなお茶が主役の売り方ではなく、食事やスイーツをおいしくする名脇役として新たな展開を図りたいと、従来の「伝統のブランド」に対し、新しい「革新のブランド」として「chiku・taku café」を開発。緑茶カフェを開きたい構想があり、店名にもなるブランド名として考えました。社名の「竹沢」を音読みにすると「ちくたく」になることから、お茶でおいしい時を刻む店という意味のネーミングに。マークもお茶の文字を振り子時計に見立てています。新しい緑茶のライフスタイルで、お茶離れしている若い層に新しいお茶の魅力を提案していきます。

 

BACK