緑茶を名脇役に

ちゃらいふ緑茶のブレンドとは、ただ感覚で緑茶とハーブなどを混ぜるのとは違います。また、際立った味でブレンド緑茶が前面に出過ぎるのも、役割として違います。
ちゃらいふ緑茶は、あくまでも食べ物の味わいを深めるのが目的であり、食事をすっきり切り替えたり、なじませたり、引き立てたりするためのもの。
食事の名脇役になることを目指してブレンドを行います。

❶水
・水道水(カルキ臭が強くないもの)
・浄水器やミネラルウォーターを使う場合は、硬度やph等の違いがお茶の味や色に影響するので注意。

❷抽出濃度100.2
・100ccの水に対して2gの茶葉(又はハーブ、ドライフルーツ、野草茶)を使用。
・お茶やハーブ、ドライフルーツの味の違いをはっきり比べるために、やや濃いめで水出しをする。

❸抽出温度
・冷蔵庫(0℃~4℃)

❹抽出時間
・8時間

❺抽出後
・ボトルをやさしく2回逆さにして、水と茶葉を撹拌し、清潔な容器に濾して移す。

❻ブレンドテイスティング
・水出しボトルを並べ、計量スプーンで半杯、1杯、2杯と緑茶とブレンド素材を混ぜてテイスティングする。
・グルメ緑茶の場合はソースを、カジュアル緑茶の場合はクリームを少量味わいながら、お茶と合わせてテイスティングする。
・水出しで配合が決まったら、同じ割合で茶葉とブレンド素材を合わせればブレンド緑茶ができる。

 

BACK